みんなの辻説法
こころのオアシスへ ようこそ

|||||||||||||||||| フォーラム ||||||||||||||||||

 ID


全300件 <更新> ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 25 26 27 28 29 30 終了]

PAGE 23 (221〜230)


「所作」と「柔道の形」
   2014/12/13 (土) 20:00 by イーハトーブ No.20141213200030

 「所作」に関して、思い出したことがあります。私は、遠い昔、中学校3年生になって
数ヶ月の頃、柔道の昇段試験(初段)を受けました。昇段試験の受験者同士が競い、勝敗
上の合格基準は2勝1分け以上、それと柔道の形(かた)をそれなりに実演することでした。

 私は、運よく合格することができました。何故、運よく、と言いますと、柔道の形を演
じた相手方が、審判員の一人と非常に親しい関係だったようで、形を演じる私も相手方も
それほど上手ではなかったのですが、一応勝敗基準は満たしていたので、どうにか合格と
判定してもらったようなもんですね。私は初めての昇段試験でしたが、相手方は何回目か
の試験だったような?感じでした。

 ま、そんなことはどうでも良いことですが、「所作」と「柔道の形」には、共通する哲
学があるように思います。もちろん「所作」は日常の文化的生活上の立ち居振る舞いに関
すること。「柔道の形」は柔道技の基本動作に関するもので、全く前提条件が異なります
けどね。

 でも、何を行うにしても「無理なく自然に効率よく美しく循環する」というような意味
あいでは、「所作」と「柔道の形」には、相通じるものがあるように思います。

 現代は、「我欲を効率よく我がものにする」醜い体たらくを示す人間が多いのかもしれ
ませんね。

                            以上 イーハトーブ


「所作」の基本に関する本について
   2014/12/6 (土) 18:46 by 北松拓也 No.20141206184615

 枡野俊明著『禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本』(幻冬舎)
についてです。枡野俊明師の著書を読むのはこれが4冊目です。いずれの本も
洗練された平易な文章で禅の教えが分かりやすく書かれていて、深く感銘を受
けました。とりわけ、この「所作」の基本に関する本は、日常生活で身近に実
践できるさまざまなすばらしい所作のあり方が説かれている点で、どなたにも
大いに参考になるものと思われます。

 人間にとって呼吸法が大事だということは昔から言われていて、ご存知の方
も多いと思いますが、この本の第二章に「所作・呼吸・心は三位一体」として
説かれている内容を読むと、呼吸を整えることの効用の大きさが単に身体の健
康面ばかりではないことがよく理解でき、なるほどと腑に落ちます。

 この本は、タイトルに「禅が教えてくれる」とあるように禅の考え方を基盤
にしていますが、それだけにとどまらず日本の伝統的な文化や習俗の原点にあ
る優れた知恵や感性に目を向けた解説も幅広く織り込まれていて、懐の深さが
感じられます。その意味では、この本を通して、私たちの祖先が日本の風土の
中で古くから大切にしてきた心のあり方や心遣いに触れることができます。

 なお、この本の著者は、曹洞宗のお寺の住職であると同時に、世界的な庭園
デザイナーでもあり、また大学で教鞭もとっておられます。
                                 拓也


無常たのみ難し
   2014/11/27 (木) 18:29 by 北松拓也 No.20141127182912

 思いがけないことに、15年以上も前から知遇を受けていたある方のご家族か
ら喪中葉書が届きました。まだまだ長生きされることだろうと当然のように考
えていた方が、すでに他界されていたというこの世の現実はとても寂しいもの
です。ましてやご遺族の方々の悲しみはどれほど深く大きいものかと思わずに
はいられません。「無常たのみ難し」という道元禅師の言葉を改めてしみじみ
と噛みしめました。
                                 拓也


岸信介と「般若心経」
   2014/11/26 (水) 00:06 by 北松拓也 No.20141126000608

 総理大臣を辞めたあとの岸信介は静岡県御殿場市に別邸を建てたそうですが、
そこでの生活の中で政治活動を続けながらも、暇さえあれば広いダイニングル
ームにあるかなり大きな長いテーブルの上で「般若心経」の写経にいそしんで
いたとのことです。放送大学の番組を見て知りました。

 激動の時代をエリート政治家として生き、相当なインテリでもあった岸元首
相が、どのような思いを胸にそのように熱心に「般若心経」の写経をされてい
たのか、非常に興味を覚えるところです。
                                 拓也


政治家の思惑
   2014/11/26 (水) 00:05 by 北松拓也 No.20141126000519

 イーハトーブさんがお書きのように、野党が国会で批判のための批判を繰り
広げているという印象は、多くの人々が同じように感じていることではないか
と思います。しかし、政策論争ではなかなか成果を上げられないと考えたのか
どうか定かではありませんが、野党側はここ数か月、閣僚の「政治とカネ」の
問題を詳しく調べ上げて、それをテコに政権に揺さぶりをかける戦術に重点を
移したような感がありました。

 総理が今度の総選挙に今のタイミングで踏み切ったのも、一つにはこれ以上
政権のダメージが大きくならないうちに衆議院を解散してそれをかわす狙いが
あったものと考えられます。また、野党側には消費増税先送りに反対する者は
いなくても、与党内には財政再建を重視する消費増税先送り反対派がいるので、
その人たちからの批判や圧力をかわすためにも、総理は解散に打って出る必要
があったのでしょう。さらには、来年の4月には統一地方選挙があるので、そ
の点で連立を組んでいる公明党への配慮が求められ、その後もいろいろな政治
日程があることから、複数の思惑が交錯する中でこの時期の衆議院解散という
決断に至ったものと見られます。

 民主主義体制の理想形態を私たちの手で作れるようになれば、たいへんすば
らしいことですね。これからの日本はだんだんそういう方向に動いていくと思
います。
                                 拓也


乱筆、ご容赦 (-_-)/~~~ピシー!ピシー!
   2014/11/25 (火) 21:38 by イーハトーブ No.20141125213803

 失礼しました。ごめんなさい。 イーハトーブ


RE:今回の総選挙に望むこと
   2014/11/24 (月) 20:19 by イーハトーブ No.20141124201905

 まぁ、いろいろな考え方があるのでしょうけれど。

 私としては、今回の衆議院議員選挙は、安倍さんが、国民の本当の信頼を得ている
のかどうかを、我慢できなくなって、国民に問い掛けているような感じに思います。

 野党代表が行う、国会における委員会や本会議における質問は、私が思うには、単
なる批判のための批判であって、全く基本理念や哲学が皆無。自分の政治的な立場を
守っているにすぎない、お粗末すぎるものだと、断言できます。

 安倍さんは、野党と話をするよりも、国民と直接話がしたかったんではないのかな?
ま、それが衆議院議員解散&選挙という動きなっんだと、私は思います。

 私たちは、それぞれの国政選挙区において、国政の方向性を決めるのは、国会議員
の己勝手な政治判断ではなく、我々国民一人一人の、有権者の意思であるということ
を、安倍首相に、思い知らしてやらないと、いけないですね。高度に積極的な努力が
必要だと、私は、思います。

 批判に埋没せず、心ある人ならば、自ら立候補してほしい。難しいことですが、基
本は、面識社会の町内会・自治会を、自然体で作りることから、始まると思います。

    民主主義体制の理想形態を、私たちで作りましょう。イーハトーブm(__)m


今度の総選挙に望むこと
   2014/11/24 (月) 18:15 by 北松拓也 No.20141124181539

 衆院選挙は、政権選択の選挙であると言われます。しかし、前回触れました
ように、与党に取って代わるほどの力量は、残念ながら現在の野党にはないと
いうのが私の見方です。

 それでは、今度の総選挙は何のためにやるのかということになります。野党
の中からは、大義のない選挙だという声が聞こえてきます。世の中が年末の忙
しい時期に、しかも衆議院の任期満了までの半分に満たないうちに、大きな政
治空白を作ってまで、あえて選挙をやる必要があるのかという疑問は当然と言
えば当然でしょう。

 それだけではありません。政府の累積財政赤字が9月末の時点で1,038兆円と
いう史上空前、先進国中最悪の膨大な額にのぼっているときに、私たち国民か
ら徴収した税金を使って、なんと700億円もの巨費のかかる総選挙をやるのです
から、これは大変なことです。

 そこで、今度の総選挙を巨額の税金の無駄遣いに終わらせないためにも、何
とか意義のある選挙にしなければならないと思います。

 議席数という点から言えば、野党各党は、現在の政権政党が独断的に暴走す
ることを抑止することができるだけの勢力を獲得することが望ましいのではな
いでしょうか。集団的自衛権の問題、特定秘密保護法の問題、原発再稼働の問
題、TPPの問題など、さらに議論を尽くして慎重に対処しなければならない
重要な課題がある現状において、政権政党が衆議院で絶対多数を確保すること
になれば、反対意見や慎重論にあまり耳を傾けずに、短時間の議論で強行採決
をする姿勢を許すことになるかもしれません。

 そういう事態にならないようにするためには、野党がたとえ政権担当能力に
は乏しくても、政権政党の政策に対してチェック機能を果たせるだけの議席数
をもつことが必要だと思います。「一強多弱」という現在の政党勢力分布を、
もう少しバランスの良い形にすることができれば、それだけでも今度の総選挙
は無駄にはならないのではないでしょうか。

 さて、「アベノミクスの3本の矢」のうち、1番目の「大胆な金融政策」と
2番目の「機動的な財政政策」はいつまでも続けられるものではありませんの
で、現時点では「アベノミクス」の効果と見られるような景気の改善点があっ
ても、3番目の「成長戦略」が働かなければ遠からず限界に突き当たり、「ア
ベノミクス」が失速するという予測は衆目の一致するところと言っていいと思
います。
                                 拓也


RE: アベノミクス効果?
   2014/11/20 (木) 18:19 by 北松拓也 No.20141120181908

 市民と直接接触する立場にある行政現場の方々によるアベノミクス効果につ
てのご感想はたいへん参考になります。現場の感触というものは第一に信頼す
べき貴重な情報と思います。

 口先だけの空手形や「事業仕訳け」のような派手なパフォーマンスの空騒ぎ
ばかりが目立った前政権に比べれば、現政権は優先課題として日本経済をよく
しようとする意気込みのほどが実際の行動の中に感じられるというのが、発足
して2年経った今も国民の間で比較的高い内閣支持率を保っている所以ですね。

 現在、与党に代わって政権を担当するだけの力量のある野党が一つも存在し
ないということが、小選挙区制を採用した意義を台無しにしている、日本政治
の悲劇であり惨状であるように感じられます。

 昨日、みんなの党が路線対立の末に解党することを決定し、一部の所属議員
は民主党に入るようですが、今後、野党間でこうした離合集散、合従連衡を繰
り返して日本の政党勢力地図が徐々に塗り替えられていくことが予想されます。
また、そうでなければ今後の政権交代の実現は難しいと思います。
                                 拓也


アベノミクス効果?
   2014/11/19 (水) 20:05 by イーハトーブ No.20141119200524

 我が職場の昼休み、喫煙ルーム内での話です。

 生活保護を担当する部署の職員が、次のように話していました。

「生活保護受給世帯の、就労年齢(16〜65歳)に該当する世帯員が減少している。
 アベノミクス効果は、社会の底辺の市民と付き合う部署の人間が、一番的確に把
 握できると思う。生活保護を受ける人数は、徐々に減少傾向になってきている。
 アベノミクスは間違ってはいないと思う。………」

 生活保護受給者が減少する数値は、GDPに反映されないとは思いますが、就労で
きた人が、徐々に増えているようですね。
 私が思うには、東日本大震災による被災から、やっと、日本経済が本格的に復興
に向かい始めたことを、表しているのかな?…。

 就職できても、官制ワーキング・プアでは、困りものですけどね。

 しかし、相変わらず「高齢者のみ世帯」の生活保護受給者は、増加しているそう
です。
                            以上 イーハトーブ


ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 25 26 27 28 29 30 終了] <照会>
  • 投稿したい方は登録が必要です.
  • ログインしている状態で投稿が可能です.
  • 同じログインIDで投稿した記事の削除が可能です.
  • ログインIDはパスワードと同じで、誰にも教えてはいけません.
  • 公序良俗に反する内容の投稿は固くお断りします.