みんなの辻説法
こころのオアシスへ ようこそ

|||||||||||||||||| フォーラム ||||||||||||||||||

 ID


全300件 <更新> ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 24 25 26 27 28 29 30 終了]

PAGE 22 (211〜220)


IEが起動しない障害について
   2015/2/22 (日) 18:05 by 北松拓也 No.20150222180523

 私のところでは Windows 7を使用していないので、イーハトーブさんがお書
きのような「Win7とIE11の相性」の問題を実地に確認することができません
が、「日本経済新聞」のホームページに掲載されていた本日付の記事によれば、
セキュリティー対策ソフト「ノートン」を入れたパソコンでIEが起動しない
障害が発生しているとのことで、この障害は、「ノートン」を最新版に更新す
ることで解消されるということのようです。
                                 拓也


Win7とIE11、不具合多発らしい
   2015/2/22 (日) 00:24 by イーハトーブ No.20150222002406

 何だか、Win7とIE11の相性が悪いようですね。私の場合はGoogle Mapを利用
中に、「IEに不具合が生じ、プログラムを停止しました。対応策を調べます?」みた
いなMSGが表示され、「プログラムを終了します」という表示があり、私はそれに
同意しました。でも、それ以後、IEが起動できなくなりました。これは本日のことで
す。

 で、別のブラウザを利用して、その辺りのことを調べてみたら、IE11を、アンス
トールすれば、IE10に戻るから、それで回復するかも?みたいな情報を発見しまし
た。で、IE11をアンインストールして、パソコンを再起動しました。でも、IEのア
イコンをダブルクリックしても、同じ症状で、ブラウザを起動できませんでした。

 しばらく(数十分)経って、「もうどうでもえぇワわ」と思いつつ、パソコンの画
面も見ずにパソコンの電源を切る、通常の操作をすると、「Windowsファイルを構成
しています」と表示され、数分後にシャットダウンしました。MicroSoftから、何ら
かの修復ソフトがダウンロードされてたのかな?

 30秒ほど待ち、再びパソコンの電源をONにして、Win7が起動するのを待ち、IEの
アイコンをダブルクリックすると、通常の動作をしました。

 IE11の不具合が発生した時は、電子メールの受信もできなくなりました。まぁ、Win
8とWin7の間の整合性が、うまくいっていないのでしょうね?

 以上 イーハトーブ


私も、今後は「ISIL」名称を使用します。
   2015/2/8 (日) 17:30 by イーハトーブ No.20150208173041

 穏健なムスリムの人たちに対する嫌がらせや差別が発生しないよう、
今後、私も「ISIL」名称を使うことにします。

 石油価格の暴落により、苦境に立たされている国は多数存在すると思
います。OPECが石油産出量を削減しない方針を採っていることへの対策
として「ISIL」の存在を利用している国々があるのではないか?

 特に超大国と言われる国々の裏工作があるとしたら、石油価格急騰へ
の対策が、喫緊の課題のように思います。

 以上 イーハトーブ


生命にいたる門は狭く、その路は細く
   2015/2/7 (土) 00:56 by 北松拓也 No.20150207005653

 過激派武装組織による残虐行為は、誰かが止めなければなりません。しかし、
それと同時に攻撃の応酬によって多数の一般の民間人が巻き込まれて犠牲にな
り、果てしのない憎悪の連鎖が生み出されることは避けなければなりません。
これらを両立させることが、国際的なテロ行為の根絶のために必要と思われま
すが、容易なことではないでしょう。

 過激派武装組織に加わる人々の中には、社会に不満を抱いている人たちが多
く含まれていると言われています。そういう人たちの社会への不満の要素とし
て考えられるものは、たとえば貧困、失業、差別や偏見といったものです。そ
うした問題を解決するように世界各国が官民を問わず連携・協力し、あらゆる
手を尽くして取り組んでいくことが、テロの脅威を封じるための急務だと思い
ます。

 また、社会の中の「心の貧困」という問題もあります。金銭・名声・地位・
権力などへの限りない欲望から来る心の貧しさを抱いているような人は、たと
えほどほどに恵まれた生活環境の中で暮らしていても不満の種を持ち、自分の
人生はこんなはずじゃないと思い込み、その不満を常に誰かのせいにして、社
会不安を作り出す恐れがあります。そういう「心の貧困」をなくすための取り
組みにも力を入れていくことが求められます。

 あれはイラク戦争が始まる直前のことでしたが、故・筑紫哲也氏がキャスタ
ーを務めていたTBSの「News 23」という番組の中で、イラクの首都バグダッド
の繁華街をテレビ画面に映し出し、そこを往来していた人たちにインタビュー
をしていました。マイクを向けられた彼らが穏やかでごく普通の生活をしてい
る様子を見て、アメリカは本当にあの人たちの住んでいるところを攻撃するつ
もりなのかと、信じられない思いがしたのを今でも鮮明に覚えています。しか
し、ブッシュ元大統領はその後、大量破壊兵器の保持を理由にイラク攻撃を開
始し、フセイン政権は倒れました。そして、その当時フセイン政権下で軍の将
官だった人たちが、現在の過激派武装組織「ISIL」の軍事部門の幹部になって
いると報じられています。ブッシュ元大統領が誤った対イラク戦争の決断を下
したことが、今日の中東の混乱を引き起こした大きな一因になっているという
ことを、21世紀の歴史的教訓として認識しておく必要があると思います。
                                 拓也


華熟さんへ、でもないですが…
   2015/2/6 (金) 00:20 by イーハトーブ No.20150206002027

 以前、華の熟年さんが、MSGを書かれていたので、彼のブログ?を覗かせ
ていただきました。

 随分、楽しそうなページ作りに、相当な努力をされているように思います。
しかし、私のような者には、アットホーム過ぎて、その場所に参加することを
何だか実質的に、拒否されているような???、印象でした。(笑;;)

 華の熟年さんが設けられたサイトで、イスラム国等に関することなど、一言
も書けませんよ。

 そういう場所には、私は参加できない…と言うよりも、参加すべきではない
と、思います。まぁ、それはそれで良いのですけどね。

                          以上 イーハトーブ


多文化共生主義がトレンドです
   2015/2/4 (水) 20:33 by イーハトーブ No.20150204203348

 マスコミは、悲惨な事件の報道しかしませんが、世界各国(特にヨーロッパ諸国)
では、多文化共生主義に基づく、様々な取り組みを実施しています。

 日本の一般財団法人自治体国際化協会は、各国における様々な施策に関するレポ
ートを作成し、インターネット上で公開しています。

 世界各国の自治体で構成する、多文化共生主義に関するフォーラム等も種々開催
されているようです。
 だから、私は、どのような考え方に基づくかは別として、過激な行動をとるグル
ープは、近い将来に、世界から消滅すると思います。

 話は飛びますが、チンギスハーンが成立させた、歴史上最大面積の国家・モンゴ
ル帝国は、税金を納め、モンゴル帝国の基本的な国家運営ルールに従えば、被支配
民族それぞれの宗教や慣習には、干渉しなかったようですね。

 だからこそ、モンゴル帝国の為政者側の指導体制が確立していた時代においては、
広大な領土を、維持・運営できたように思います。

 今後、イスラム国(=単なる暴力団)が、勢いを増すことがあるならば、それは、
某国(名指しは控えます)の邪悪な陰謀だと考えざるを得ません。

                           以上 イーハトーブ


ご冥福を祈りつつ
   2015/2/2 (月) 23:08 by イーハトーブ No.20150202230850

 以前、中東で、日本人の女性ルポライター?が、地元の過激派に狙撃され、死亡
した事件もありましたよね。
  何故、中東地域は、人の命を踏みにじる事件が多いのか?を考えてみると、やは
 り、石油輸出等に関わる利益を、住民のあらゆる階層に再配分する施策が欠けてい
 ることに、原因があるのでしょうね。

  莫大な富が、特定少数の人間に集中している現実に、憤りを禁じ得ず、過激な改
 革=自己破滅に、人を走らせてしまう、大きな欠陥が中東諸国にはあるのでしょう
 ね。

  もちろん、人間は、人生を生きていく過程において、お金だけを得れば良いわけ
 ではありません。人としての尊厳が、互いに認め、認められていると実感できる、
 精神文化が、必要不可欠だと、私は思います。

  その辺のことを、後藤さんは理解し、中東地域の為政者に対して、また、全世界
の政府や人民に対して、MSGを発信していた人だったと、私は思います。

  真の味方を自ら殺す愚行を行った犯人は、遠からず、最も身近な存在によって、
 奈落に突き落とされることになるでしょうね。でも、そんなことにならないよう、
 目先の駆け引きに忙殺されずに、心を静かにして考え直して欲しい!!

  後藤さん他、中東において、不当に命を散らされてしまった人々の冥福を祈りつ
 つ・・・。
                            合掌 イーハトーブ


慈悲深い人道的ジャーナリストの死を悼む
   2015/2/1 (日) 23:57 by 北松拓也 No.20150201235747

 中東で起きた人質事件で過激派武装組織の手にかかり亡くなった後藤健二氏
の無念さ、ご家族の方々のご心痛の深さを思うと言葉もありません。心より哀
悼の意を表します。
                                 拓也


或る愚か者の行動に呆れる
   2015/1/26 (月) 22:19 by イーハトーブ No.20150126221922

 もう、本当にあきれ果てる話ですが、私の知り合いに聞いた話です。イスラム
国広報担当?が開設しているFaceBookに対して、フランスの風刺画でイスラム
教の始祖であるムハンマド氏のイラストが公開されていましたが、それを利用し
て、なおそれに悪戯書きを加えて、何度も何度もしつこく送信していた愚か者が
いたそうです。

 イスラム国側がとった行動は、そのバカの個人情報を調べ上げて、個人宅を特
定できる住所や氏名を、インターネット上で公開したそうです。まぁ、自業自得
というべきか?

 まぁ、私が住んでいる田舎町では、正統なムスリムの人たちしか住んでないと
思うので、何も心配する必要は無いと思いますが、これが大都市圏だったら、何
の関係もない住民が、とばっちりを食らうことにもなりかねないですよね。

 イスラム国が行っている国づくりは、私は間違っていると思います。でも、真
剣且つ必死に取り組んでいることに対して、反対意見を表明をするのならば、そ
れなりに礼儀が必要だと、私は思いました。

 歴史に学べば、武力に頼るのみでは、国は作れても、時の経過とともに、維持
できなくなる。国の永続的な維持・発展のために、人類は宗教という総合的文化
を、創造してきた…とも言えるのではないのか?
 武力を正当化するために、宗教を利用する愚を犯した政体は、ことごとく滅亡
してきた。人々の自然な暮らしが永続的に維持できてこそ、国が存在する意義が
あると、私は思います。人命を消耗品の如く扱う考え方は、消滅するべきです。

                          以上 イーハトーブ


中東に慈悲と寛容と平和を
   2015/1/26 (月) 18:51 by 北松拓也 No.20150126185102

 つい先日まで、放送大学のチャンネルで高橋和夫教授による「現代の国際政
治」という番組が15回にわたり放送されていました。それを見て、中東地域で
はいろいろな民族、文化、宗教などが国境線をまたがる形で複雑に入り混じり、
さらにそこに複雑な歴史が絡み合って対立や紛争が起きているということを改
めて認識し、問題の根があまりにも深くて解決は容易でないことを思い知らさ
れました。

 現在、シリアからイラクにかけての一部の地域を支配下に置いていると伝え
られている「イスラム国」は、中東地域の中でも部外者にとっては最も危険な
場所であるはずです。そいうところに日本人一人で入るというのは極めて危険
なことですが、それでもジャーナリストの後藤健二氏が湯川氏の救出のために
そこに行ったということは並々ならぬ使命感や覚悟だけではなく、救出を成功
に導けるのではないかという見込みがあったのでしょう。しかし、結果は報道
されているように人質にされてしまったということですね。

 そうなることは、本人にとっても想定の中の一つとして考えられていたと想
像されますが、たとえそのことによって万が一、日本政府や国際社会が揺さぶ
られることになったとしても、それはそれで仕方がないとまで考えられたかど
うか、それはよく分かりません。ただ、人質にされたときに、普通の人は伊達
輝宗にはなかなかなれないものでしょう。そこで、解放のために最初に身代金、
次いで人質の交換という条件が示されている状況ですが、これはアメリカやヨ
ルダンやその他の国々との関係などもあって日本政府にとって非常に難しい条
件だろうと思います。

 こういう事態を前にして、一介の日本国民に過ぎない無力な私ができること
など何もなく、ただ後藤健二氏が早期に人質から解放されて無事に帰国できる
ようひたすらお祈りするだけです。

 報じられているところによれば、後藤健二氏は戦乱でつらい思いをしている
シリアの子供たちを助けるための活動を続けていたといいます。そういう活動
に対しては、どんな宗教であれ良い宗教であるならば、褒め称えるべき善行と
みなすはずです。善行に励み、功徳を積んできた人に対して、賞賛ではなく、
命を奪うことによって報いるというのは、道理に合わないことに違いありませ
ん。今は一刻も早い解放を願うばかりです。
                                 拓也


ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 24 25 26 27 28 29 30 終了] <照会>
  • 投稿したい方は登録が必要です.
  • ログインしている状態で投稿が可能です.
  • 同じログインIDで投稿した記事の削除が可能です.
  • ログインIDはパスワードと同じで、誰にも教えてはいけません.
  • 公序良俗に反する内容の投稿は固くお断りします.