みんなの辻説法
こころのオアシスへ ようこそ

|||||||||||||||||| フォーラム ||||||||||||||||||

 ID


全300件 <更新> ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 23 24 25 26 27 28 29 30 終了]

PAGE 21 (201〜210)


RE: シンドラーエレベーター
   2015/4/29 (水) 23:52 by 北松拓也 No.20150429235226

 イーハトーブさんが受けられたエレベーターの設置者からの説明で、「エレ
ベーターは、建築物に付属する設備であり、その設置状況に適合するコントロ
ールシステムが必要不可欠です」というのは、「なるほど」と頷けます。だか
ら、製造メーカーと保守点検業者との間で緊密な連携のもとで情報共有がしっ
かりと出来ていなければ、思わぬ事故につながりかねないというわけですね。
これは納得です。

 たとえば、アベノハルカスのような超高層ビルに設置されているエレベータ
ーでは、イーハトーブさんが書かれたようなコンピューター制御によって停止
するべき階の優先順位を割り出して運用の効率化をはかれる高度なコントロー
ルシステムが使われているのでしょうね。また、スカイツリーに設置されてい
高速エレベーターでは、私のような素人の想像を遥かに超えた最新鋭のコント
ロールシステムで信頼性、安全性、利便性などが確保されているものと思われ
ます。こうしたエレベーターでは、まさに製造メーカーと保守点検業者との間
の連絡が密でなければ、利用者は安心して乗ることができませんね。
                                 拓也


禅僧、ティク・ナット・ハン師について
   2015/4/29 (水) 00:03 by 北松拓也 No.20150429000345

 NHKのEテレで毎週(日曜日午前5時、再放送は土曜日午後1時)放送され
ている「こころの時代」という番組で、南フランス在住のベトナム出身の禅僧、
ティク・ナット・ハン師の活動が2回にわたって紹介されていたのを、しばら
く前に見ました。といっても、2回とも私はその後半部分しか見ることができ
ませんでした。

 番組の中で、ティク・ナット・ハン師が非常に心にしみる教えを英語とフラ
ンス語で物静かに語っておられました。その翻訳がテレビ画面上に字幕で表示
されるのを見て、それまで私の知らなかったティク・ナット・ハン師が傑出し
た禅僧であることが分かりました。

 世界各地から多くの人々がティク・ナット・ハン師のもとを訪れ、その深い
思慮と慈悲心に満ちた教えに耳を傾け、師と共にゆっくりとした足取りで散策
をしている姿をテレビの映像で目にして、世界的な舞台で大乗の教えが生き生
きと受け継がれつつある現状を知りました。大勢の人々が、根底から心を癒す
穏やかな教えを求めて世界各地からティク・ナット・ハン師のまわりに集まっ
てきているということは、人類の未来にとっての大きな希望であると思いまし
た。

 ティク・ナット・ハン師が語る言葉から、人間にとっての真の敵は、心の中
に生まれる憎しみや差別であることなど、改めて重く受け止めました。

 番組のナレーションによれば、ティク・ナット・ハン師は昨年脳梗塞にかか
り、今はリハビリ中とのことでした。リハビリが順調に進み、早く回復される
ことをお祈りします。
                                 拓也


シンドラーエレベーター
   2015/4/28 (火) 21:54 by イーハトーブ No.20150428215427

 エレベーターに関する雑談です。

 私の職場の出先機関では、何箇所かにエレベーターが設置されており、保守点検
業務について、毎年、委託契約を締結しています。(エレベーター製造・設置会社
系列で保守点検を実施している会社に随意契約)

 何年か前に、シンドラー社製エレベーターが設置されている共同住宅において、
死亡事故が多発し、保守管理業務について見直しするべきではないか?との動きが
私の職場でもありました。

 しかし、死亡事故が発生したシンドラー社製エレベーターについては、シンドラ
ー社に関わりのない会社が、保守管理業務を実施しており、製造メーカーと保守点
検業者との間で、保守管理情報に関する情報公開が適切になされていなかったこと
が、死亡事故発生に繋がった、との指摘もあるようです。

 ある日、我が職場に、エレベーター製造・設置会社系列の保守点検会社の社員が、
法的に設置者に対して説明しなければならなくなったので、説明をしにきました。
彼らが言うには「エレベーターは、建築物に付属する設備であり、その設置状況に
適合するコントロールシステムが必要不可欠です。また、製造メーカーとの綿密な
保守点検情報の提供が必要不可欠であり、系列以外のエレベーターを、私たちが保
守・点検できる自信はありません。」みたいなことを述べていました。

 また、コンピュータ制御で、利用者の多いフロアーの往復を優先するような設定
も実施ているようです。利用者不在の時間が、一定時間が経過した場合、ホームポ
ジション(或る階)に戻るような設定もできるようです。

 私からの一言。エレベーターは狭い空間で上下に動くという特殊な装置です。乗
れる乗れないも心配事かもしれませんが、上下動に挟まれて死ぬかもしれない…っ
てことも考えた方が、心に余裕が生まれるのかもしれませんよね。(^_^)/

                           以上 イーハトーブ


エレベーターを待ちながら
   2015/4/20 (月) 18:04 by 北松拓也 No.20150420180444

 およそ半月ほど前のこと、とある商業施設の6階で、私は下りのエレベータ
ーを待っていた。そのとき、隣に居合わせた友人同士らしき二人の中年女性も、
同じく下りのエレベーターを待っていたが、ほどなくそのうちの一人が非常に
憤慨し、批判の言葉を並べ立て始めた。

 なぜそうなったのか。それはこうだ。3つあるエレベーターのうち中央のエ
レベーターが到着して扉が開くと満員状態だった。そのため、二人の中年女性
はしばしためらった後、乗るのをあきらめた。ちょうどそのとき、右端のエレ
ベーターも到着するはずだったが、中央のエレベーターが到着して扉が開いた
時点で、それに連動して右端のエレベーターの下り待ちボタンのランプもすで
に消えていたので、右端のエレベーターは自動的に待ち人無しとみなして、6
階には止まらず素通りして降りて行ってしまった。このことが、その女性の癇
に障ったのである。

 腹の虫がおさまらない女性は、「ここのエレベーターはいっつもこう。だい
たい、二つのエレベーターが同じ方向で一緒に来ること自体おかしいのよ。普
通なら、一つが上に向かっているときは、もう一つは下に向かうようになって
いるはずでしょ。それがどうして、ここはそうなってないの。次のエレベータ
ーを待つしかないけど、またこういうことになったら、ここのエレベーターを
使うのはやめよう」と何度も繰り返し言い、次のエレベーターが来るまで一緒
にいた女性に怒りをぶちまけていた。

 それを聞いて、「人間万事塞翁が馬」という中国の故事が頭に浮かんだ。実
際に、例えば飛行機や電車に乗り遅れた人が、かえってそのために事故を免れ
たという話を何度か聞いたことがある。本人にとって乗り遅れたということは、
その時点では不運なことに見えても、ほんとうはそれが幸いすることもあるだ
ろう。だから、エレベーターについても、一台見送ったことで生じた時間差の
ため、たとえその後のスケジュールに遅れが出たとしても、それがかえって幸
運をもたらした──とは言えないまでも、何かの災いを免れた可能性は無きに
しも非ずである。そう考えれば、そのときにエレベーターに乗り損なったのは
よかったことなのかもしれない。

 一方には「兵は拙速を尊ぶ」という孫子の言葉もあるが、他方には「急がば
回れ」という諺もある。何かにつけて速さを競うことに呪縛されているかのよ
うな現代社会にあっては、「急がば回れ」の智慧に改めて目を向けてみたい。
それが、一人ひとりの心のゆとりや豊かさにもつながるのではないだろうか。

                                 拓也


「花祭り」ながらも寒い一日
   2015/4/8 (水) 17:55 by 北松拓也 No.20150408175510

 今日は4月8日で、お釈迦様の誕生日。一般に「花祭り」と呼ばれる「灌仏
会(かんぶつえ)」が行われる日ですが、関東地方では雨が降り続き、真冬並
みの底冷えのする寒い一日でした。ところによっては咲き残っている桜の花の
上に小雪が舞ったようです。こんな日には普段は「花より団子」などと言って
いる人も「花より暖房」と思ったかもしれません。

 明日は天気が回復するみたいですが、これからしばらくは曇りや雨の日が多
くなりそうです。

  花ひらけば風雨多く 人生別離おおし
  年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず
                                 拓也


RE: 花見チョイ乗りツーリング
   2015/4/6 (月) 19:08 by 北松拓也 No.20150406190855

 ツーリングでお花見とは洒落てますね。2回目にツーリングに出かけられた
ときには満開状態でよかったですね。こちらでも土曜日あたりは、家の近所の
並木道や公園の桜は満開でした。実に見事な美しさです。(^_^)/

 天気予報によれば、関東地方では明日から気温が急降下して3日ぐらい続け
て冬の寒さに戻りそうなので、体調管理に注意が必要です。

 「人間の縫いぐるみ人形」は、以前にNHKの何かのテレビ番組で取り上げら
れていたのを見たことがあります。イーハトーブさんがお書きのものと同じ人
形かどうか分かりませんが、確かお年寄りの方が趣味で作っていて、それがか
なりの数で、非常に素朴な感じのものでした。時々見る「鶴瓶の家族に乾杯」
でも登場したような気がします。
                                 拓也


花見チョイ乗りツーリング
   2015/4/4 (土) 18:20 by イーハトーブ No.20150404182015

 先週の土曜日、桜が咲き始めていると思って、花見チョイ乗りツーリングに出かけ
ました。しかし、1〜2割程度の開花で、少々がっかり。で、今日はリベンジとばか
りに、先週と同じコースをチョイ乗りツーリングしてきました。

 もうホントに、桜満開状態(僅かですが、既に葉桜の木も…)でした。桜祭り?み
たいなイベント会場付近の道路では、自動車がノロノロ運転をしたり、突然停車した
りして、危うく追突しかけそうになりましたよ。(^_^;;)

 この週末以降は、天候が荒れそうなので、私の住んでいる地域では、今年の花見は
これで終わりになると思いますね。

 いつも思うことですが、季節の花々が多く咲く場所というのは、やはりその場所に、
情熱や意欲をもって、暮らしている人たちが存在している、という証なのでしょうね。

 私が住んでいる県域の話ですが、田舎町の主要道路沿いの所々に、人間の縫いぐる
み人形を十数体使って、あたかもそこに住民の生活情景があるかのように、展示して
いる場所が少なからずあります。私はそれを見るたびに、背筋に寒気が走ります。
 何故か?本当の人間が居るのに、人形だと思って、運転注意力が減殺されるように
思うからです。

 人の暮らしがあることを主張するなら、同じ生き物である素材を使用した方が、分
かりやすいような気がします。

                             以上 イーハトーブ


RE: 職場の引っ越し
   2015/3/26 (木) 19:06 by 北松拓也 No.20150326190625

 イーハトーブさん、祝日の出勤お疲れ様でした。筋肉痛になることをものと
もせずに大量の重たい書類を7階上の9階まで運び上げるのは大変でしたね。
結果的に非常に快適な職場スペースに移られたとのことで、ご苦労が報われて
よかったですね。気分一新でますますのご活躍を!
                                 拓也


3月11日&春分の日
   2015/3/24 (火) 20:04 by イーハトーブ No.20150324200423

 3月11日は、我が職場でも、東日本大震災発生時刻に、黙禱を行い
ました。でも、職員&来客者の一部に、黙禱の合図が放送されても、
それを気にせずに、それぞれの要務を行っている人がいました。
 「東日本大震災? もうそんなん知らんワ。」そんな声も聞こえて
きたように思います。

 まぁ、それも一つの現実だと思います。でも、東日本大震災被災者
の皆さんに、私は「色々と批判めいた発言が、これから増えてくるか
も知れないけれど、挫けずに、めげずに、負けるな!応援している国
民の方が、圧倒的に多いのだから!」と言いたいと思います。m(_ _)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ところで、先日の3月21日(春分の日)は、職場の引っ越しのため出
勤でした。

 ここ数年間、福祉部門の仕事量が増え、職員も増員して対応していま
したが、決められたスペース内では、業務を適切に執行することに、困
難が生じるにまでになったため、我が職場の床配置計画が見直され、私
たちの職場は2階⇒9階に移動することになりました。

 キャビネット類は、引っ越し業者に依頼していましたが、その中身の
書類は、職員で移動しました。代車を6台使用していましたが、その重
さたるや、代車への積み下ろしだけでも、数日間の筋肉痛が伴うもので
した。
 今日で3日が経過し、筋肉痛は治まりましたが、少々の脱力感があり
ます。(あぁ、歳だ!、トホホ)(^_^;;)

 しかし、以前の我が職場のスペースは、本来、展示コーナーだったフ
ロアーを、無理やり執務室として使用していたので、外光は入りにくい
わ、空調は効かないわ、豪雨の際は変なところから雨漏りはするし、多
くの人が業務で動き回る音が響きまくる場所でした。
 9階は、本来の執務スペースですので、非常に快適になり、ホッとし
ています。
                         イーハトーブ


春分の日
   2015/3/21 (土) 22:36 by 北松拓也 No.20150321223647

 ついこの間、年が明けたかと思ったら、今日はもう春の彼岸の中日です。と
いうことで、関東地方にも桜の開花の時期が近づいています。その割にはまだ
風が冷たく感じられるのですが、開花予想としては東京では25日ごろになるだ
ろうとニュースの気象情報で言っていました。ただ、このところ天気が変わり
やすく、曇りや雨の日が多くなっています。桜の開花期間中はなるべく晴天に
恵まれることを願っています。
                                 拓也


ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 23 24 25 26 27 28 29 30 終了] <照会>
  • 投稿したい方は登録が必要です.
  • ログインしている状態で投稿が可能です.
  • 同じログインIDで投稿した記事の削除が可能です.
  • ログインIDはパスワードと同じで、誰にも教えてはいけません.
  • 公序良俗に反する内容の投稿は固くお断りします.