則天去私の文学論 『米国篇:多元的宇宙』

長谷部さかな 著

【本文中の記号について】
◇ 漱石文からの転記。
☆ ジェームズ文、吉田夏彦訳からの転記。
◆ ジェームズ文からの転記。     
★ 補足的事実、研究者の論文からの転記、その他。
◎ 本稿筆者の感想。

 ID


全42件 <更新> ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4終了]

PAGE 5 (41〜42)


主知主義に対するベルグソンの批判(15)
   2017/8/19 (土) 07:26 by Sakana No.20170819072626

8月19日

◆Motion, to take a good example, is originally
a turbido sennsation, of which the native shape
is perhaps best preserved in the phenomenon of
vertigo. In vertigo we feel that movement is, and
is more or less violent or rapid, more or less in
this direction or that, more or less alarming or
sickening. But a man subject to vertigo may gradually
learn to co-ordinate his felt motion with his real
position and that of other things, and intellectualize
it enough to succeed at last in walking without
staggering. The mathematical mind similarly organizes 
motion in its way, putting it into a logical definition;
motion is now conceived as 'the occupancy of serially 
successive points of space at serially successive instants
of time.' With such a definition we escape wholly from the
turbid privacy of sense. 

☆たとえば、運動は、もともと暗いはっきり
しない感覚であって、その本来のかたちは多
分、めまいの現象の中に、もっともよく保存
されているであろう。めまいにおいて我々は、
運動があるということ、それが激しかったり
早かったりすること、こちらの方向かあちら
の方向かを向いていること、警告的であった
り胸をわるくするものであることを、多少と
も漠然と感じる。しかしめまいを感じている
人間は、次第に、彼の感じている運動を、彼
のほんとうの位置や、他のものの位置に関係
づけることを覚え、遂にはそれを知性化して、
よろめかずに歩くようになる。数学的な精神
も、同様に、それなりのやり方で、運動を組
織してこれに論理的な定義を与える。運動は
今や「相次ぐ時点において、相次ぐ空間点を
しめること」と考えられる。このような定義
によって、我々は感覚の混乱したわたくし性
から、完全にのがれるのである。
             (吉田夏彦訳)


『多元的宇宙』まとめ 2017年8月
   2017/8/21 (月) 06:14 by Sakana No.20170821061452

2017年8月

・主知主義に対するベルグソンの批判(12)
・離散的と意識のしきい
・主知主義に対するベルグソンの批判(13)
・しずくの分解
・主知主義に対するベルグソンの批判(14)
・本来のわたくし性とあいまいさ
・主知主義に対するベルグソンの批判(15)
                 (『多元的宇宙』第一部了。
                    第二部以降は未定)

◎主知主義に対するベルグソンの批判の続き。
要するに、主知主義(Intellectualism)は、わ
れわれの経験をわかりやすくするどころか、逆
にわかりにくくしていると、ベルグソンはいい、
ジェームズもその見方に同意している。

◎主知主義者は我々の経験をこまかな部分に分
解し、その結果を抽象的な概念で説明するが、
それは観念の遊びにすぎない。
                 (『多元的宇宙』第一部了。
                    第二部以降は未定)


ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4終了] <照会>
 
則天去私の文学論 『米国篇:多元的宇宙』 長谷部さかな 著
 Copyright (C) Sakana Hasebe 2017