北辰メディア

  珠 玉 の 言 葉  

Home


 ここに集めた偉大な先人たちの言葉には、物事の本質を見極め、人生をよりよく生きるための知恵が凝縮されています。それぞれの言葉が含み持つ深い意味を汲み取り、それを自らの生活に重ね合わせることで、新しい発見があるかもしれません。

 これらの言葉を身近な友として、山あり谷ありの長い人生を歩んでいく力にしていただけましたら幸いです。心の支えや指針となる言葉は、人生の折々に記憶によみがえり助けとなる大きな宝物に違いありません。

伝教大師 最澄
  径寸十枚 これ国宝に非ず
  一隅を照らす これ則ち国宝なり



   伝教大師 最澄 (767〜822年)

   平安初期の僧。著書『顕戒論』など。

   日本の天台宗の開祖。

道元禅師
  最勝の善身を徒(いたずら)にして
  露命を無常の風に任すること勿
(なか)


   道元禅師 (1200〜1253年)

   鎌倉初期の禅僧。主著『正法眼蔵』。

   日本の曹洞宗の開祖。

松尾芭蕉
  古人の跡を求めず
  古人の求めたるところを求めよ



   松尾芭蕉 (1644〜1694年)

   江戸前期の俳人。著書『おくのほそ道』。

   不易流行の理念を確立。

宮本武蔵
  千日の稽古を鍛とし
  万日の稽古を錬とす



   宮本武蔵 (1584〜1645年)

   江戸時代初期の剣術家、兵法家。

   二天一流兵法の開祖。著書『五輪書』。

サン=テグジュペリ
  心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない
  かんじんなことは、目に見えないんだよ



   アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

   (1900〜1944年) 著書『星の王子さま』。

   フランスの作家、操縦士。
弘法大師 空海
  物の興廃は必ず人による
  人の昇沈は定めて道にあり



   弘法大師 空海 (774〜835年)

   平安初期の僧。主著『十住心論』。

   日本の真言宗の開祖。真言密教第八祖。

臨済義玄禅師
  随所に主となれば
  立処みな真なり



   臨済義玄禅師 (?〜867年)

   中国、唐の禅僧。

   臨済宗の開祖。語録は『臨済録』。

孔子
  学んで思わざれば則ち罔(くら)
  思って学ばざれば則ち殆
(あやう)


   孔子 (前551〜前479年)

   中国、春秋時代の思想家。

   儒家の祖。言行録は『論語』。

坂本龍馬
  世の人は我を何とも言わば言え
  我が成す事は我のみぞ知る



   坂本龍馬 (1835〜1867年)

   幕末の志士。勝海舟の門人。

   大政奉還に尽力、維新への道を開く。

野口英世
  周りの人間も、周りの状況も、
  自分から作り出した影と知るべきである



   野口英世 (1876〜1928年)

   細菌学者として数々の論文を発表。

   ノーベル医学・生理学賞候補に3度なる。









すべての人間は、生まれつき、知ることを欲する。(アリストテレス)



心は抑え難く、軽く立ち騒いで整え難い。この心を整えてこそ、安らかさが得られる。(法句経)



「華厳経」は説きます。一粒の米の中にも宇宙があると。

そこには太陽の光があれば、水の流れもある。

作る人がいて、売る人がいて、運ぶ人もいる。

無限につながる縁起を知ることが大切だと。

(「NHKハイビジョン特集」より)



ホームページへ