夏目漱石の『文学論』を読みとく

長谷部さかな 著
 
 ID


全969件 <更新> ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 終了]

PAGE 69 (681〜690)


悲哀の情、悲哀の観念
   2012/12/1 (土) 07:37 by Sakana No.20121201073726

12月01日

「私たちが日常経験する印象及び観念三種の
ちの(三)fのみが存して、それに相応すべ
きFを認め得ざる場合のサンプルとしてシェ
リーの詩を鑑賞しました。このfについてさ
らにつっこんで検討しましょう」
「もういい。nevermore!」
「この歌は悲の原因につきいささかもいふと
ころなし。何故の悲か。そは審(つまびらか)
ならず。ただ哀なりと歌ひしにて恋のためか、
病のためか、吾人は知るに由(よし)なし。
詩人はこれによりただ悲哀の情を伝ふるのみ」
"This poem tells us nothing whatsoever
about the source of the sadness, and we
have no way to judge from whence this 
emotion springs. It simply sings of misery
---whether from love, whether from sickness,
we have no way to tell. The poet simply
transmits by this means the feeling of
pathos."」
「<悲哀の情>が"the feeling of pathos"
となっている」
「凡(およ)そこの種の詩を味ふには自然三
種の方法あり。(一)読むもの先ずFを想像に
て補充して(F+f)なる形式に改むるか、
或は(二)悲哀なる観念を想起しその内容を
充分に味ひ、しかして後、それに対し吾人の
同感を傾くるか、或は(三)前述(一)(二)
を結合せざるべからず。かくの如く(一)(二)
は共に(F+f)に帰着し得るものにしてそ
の差は(一)悲哀の原因+悲感、(二)悲哀
の観念+悲感なるに過ぎず。但し如此(かく
のごとき)手続は吾人は日常詩文賞翫の際殆
(ほとん)ど無意識に履行するところのもの
にしてもし果して意識的にこれを行ふ必要あ
らんには詩は常に一種の苦痛を伴ふものなる
べし」
"There would seem to be three methods 
for appreciating this type of poem; (1)
The person reading the poem first conjures
up an F, thereby supplementing and converting
the experience to (F+f) form; or alternatively,
(2) the person recalls the conception of pathos
sufficiently of its content, thereby providing
direction to subsequent reflection; or else
(3) some combination of the aforementioned 1
and 2. In this way both 1 and 2 tend to return
to the (F+f) form; the only difference being
that 1 is composed of source of pathos plus
feeling while 2 is composed of the concept of
pathos plus feeling. However, in the everyday
appreation of a poem this procedure is carried
out almost unconciously; indeed if one posited
a need to carry this out consciously, poetry
would typically become a species of agony."
「こんな講義を聞かされたらたまらないだろう
ね。華厳の滝に飛び込んだ学生の気持がわかる
ような気がする」
「藤村操の入水は1903年(明治36年)5月22日。
文学論の講義以前です」
「<悲哀の観念>が"the concept of pathos"と
訳されている」
「<悲哀の情>と<悲哀の観念>は違います」
「<しかして後、それに対し吾人の同感を傾く
る>に相当する英文が"thereby providing direction 
to subsequent reflection"だが、こんな飜訳を
見せつけられると、漢文脳の吾輩ではとても太刀
打ちできないと世をはかなんで、華厳の滝に飛び
込みたくなるよ」



焦点的なる語と意識なる語
   2012/12/4 (火) 06:59 by Sakana No.20121204065938

12月04日

「次に進みます」
「どうぞ、ご随意に」
「さきに余はFを焦点的印象もしくは観念な
りと説きしが、ここに焦点的なる語につき更
に数言を重ぬるの必要を認む。而(しか)し
てこの説明は遡(さかのぼ)りて意識なる語
より出立(しゅったつ)せざるべからず」
「焦点的なる語と意識なる語か。焦点的なる
語は日頃、なじみがない。意識なる語はなじ
みはあるが、サブスタンスがよくわからない」
「JAMの英訳は次の通りです。
"Previously I defined F to be the impression
or concept residing at the focal point of
consciousness, but I think there is a need
to add a few words about this term "focal"
or "focal point"[shoutennteki]. However,
in order to provide an explanation of this,
we will first have to trace back and begin
with the term "consciousness."」
 「"focal"or "focal point"[shoutennteki]
とわざわざ[shoutennteki]とローマ字を加えて
いるのはなぜだろう」
「私は意識の頂点に着目したのは漱石先生の慧
眼だと思います。JAMもおそらく同意見でしょう」


意識とは何ぞや
   2012/12/7 (金) 07:53 by Sakana No.20121207075354

12月07日

「意識とは何ぞやとは心理学上容易ならざる
問題にして、或専門家の如きは、これを以て
到底一定義に収め難きものと断言せしほどな
れば、心理学の研究にあらざるこの講義にお
いて徒(いたず)らにこの難語に完全なる定
義を与へんと試みるの不必要なるを思ふ。た
だ意識なるものの概念の幾分を伝ふれば足れ
り。
"Specifying exactly what "consciousness"
is no easy task even from the point of
psychology. If a certain specialist in the
field can go so far as to assert that it 
is not possible to assign a fixed definition,
it does not seem necessary in these lectures
---which are not a course in psychology---
vainly to try to provide a complete definition
of this elusive term."(translated by JAM)」
「漱石は文学の定義を避けたように、意識の
定義を意識的に避けたな。けしからん」
「この講義は心理学の研究ではないのですか
ら、やむをえないでしょう」
「しかし、<余は心理的に文学は如何なる必
要あって、この世に生れ、発達し、頽廃する
かを究めんと誓へり>と言ったではないか。
その誓いをもう忘れたのか」
「忘れてはいません。<意識とは何ぞや>の
代わりに、<意識の波>というユニークなア
イデアを披露しているのですから。
<意識の説明は<意識の波>を以て始むるを
至便なりとす。この点に関してはLloyd Morgan
がその著『比較心理学』に説くところ最も明
快なるを以てここには重(おも)に同氏の説
を採れり>
"If we can just convey some general idea
of this object called consciounessm, that 
ould suffice. It will be convenient to begin
the explantion with the notion of a "wave of
consciousness. On this point I will rely
mainly on the admirably clear exposition in
Lloyd Morgan's Introduction to Comparative
Psychology (1894)."」


方丈記
   2012/12/10 (月) 07:21 by Sakana No.20121210072112

12月10日

「先ず意識の一小部分即ち意識の一瞬時をと
りこれを論ずるに必ずそのうちに幾多の次序、
変化あることを知る。Morgan氏の語を以てせ
ば「意識の任意の瞬間には種々の心的状態絶
えず現はれ、やがては消え、かくの如くして
寸刻と雖もその内容一所に滞ることなし」。
吾人はこれを事実に徴して証すること容易な
り。
"Now if one first takes up and examines
the smallest unit of consciousness---that
is to say, an instant of consciousness---
one will see that within this instant are
contained numerous relations and transforma-
tions. To use Morgan's own words, "In any
random instant of consciousness, sundry
mental states unceasingly appear, and then
are washed away. In this sense, though we
call it an instant it is not the case that
the contents of that instant are fixed in
one place." It is easy to adduce evidence
 for yourself that this is the case."
(translated by JAM)」
「<意識の一瞬時>が"an instant of conscious-
ness"、それが<絶えず現はれ、やがては消え、
かくの如くして寸刻と雖もその内容一所に滞る
ことなし>というのはMorganの語だそうだが、
鴨長明『方丈記』を連想するね」
「行く川の流れは絶えずして、しかも もとの水
にあらず。淀(よど)みに浮ぶ うたかた(泡沫)
は、かつ消えかつ結びて、久しく止(とゞ)まる
事なし。世の中にある人と住家(すみか)と、ま
たかくの如し──これを漱石先生は次のように
英訳しておられます。
"Incessant is the change of water where the 
stream glides on calmly : the spray appears 
over a cataract, yet vanishes without a moment's 
delay. Such is the fate of men in the world 
and of the houses in which they live. "」
「なるほど、漱石がMorganの心理学に着目して、
意識の説を文学論に応用しようと思いついた意識
の波がわかるような気がする。世の中にある人と
意識と、またかくの如し、だよ」


キューポラのある街
   2012/12/15 (土) 07:14 by Sakana No.20121215071408

12月13日

「例へば人あり。St. Paulsの如き大伽藍の
前に立ちその宏壮なる建築を仰ぎ見て、先ず
下部の柱より漸次上部の欄間に目を移し、遂
にその最高の半球塔の尖端に至ると仮定せん
に、始め柱のみ見つむる間は判然知覚し得る
ものただその柱部にかぎられ、他は単に漠然
と視界に入るに過ぎず。而して目を柱より欄
間に移す瞬間には柱の知覚薄らぎ初めて、同
時に欄間の知覚これより次第に明瞭に進むを
見るべし。欄間より半球塔に至る間の現象も
また同じ。
"Let's say we have a person standing before
St. Paul's Cathedral. Suppose that he gazes
upon that splendid architecture, his eyes
move gradually from the pillars at the bottom
section to the balustrade at the upper portion
and finally reach the highest point at the
tip of the cupola. At first, while gazing 
at the pillars, that portion of the structure
is the only part perceived clearly and distinctly.
However, in the instant the eyes move from the
pillars to the balustrade, the perception of
the pillars begin to attenuate, and simultaneously
the perception of the balustrade gains in clarity
and distinctness. The same phenomenon is observed
in the movement from the balustrade to the cupola." 」
「セントポール大聖堂はロンドンのシンボルと
言われる観光の名所。おのぼりさんが口を開け
て見上げるときに知覚で受け取った意識の頂点
の推移だ」
「柱から欄間、欄間から半球塔へと推移します」
「おのぼりさんの意識で、意識の焦点にあるの
は印象であって、観念ではない」
「漱石先生の意識は、単なる印象ではなく、観
念だと思います」
「<印象または観念>だから、どちらでもいい」
「柱はpillar、欄間はbalustrade、半球塔は
cupola。そういえば、吉永小百合主演の映画で
『キューポラのある街』を思い出しました」
「あれは鋳物の街、埼玉県川口市で見うける鉄
の溶鉱炉だ。セントポール大聖堂の半球塔とは
違うよ」




この紋所が、目に入らぬか!
   2012/12/16 (日) 06:42 by Sakana No.20121216064246

12月16日

「読みなれたる詩句を誦し、聞きなれたる音
楽を耳にする時またかくの如きものあり。即
ち或る意識状態の連続内容をとりその一刻を
(プツリ)と切断してこれを観察する時はそ
の前端に近き心理状態次第に薄らぎ初め、後
端に接する部は、これと反対に漸次その明瞭
の度を加ふるものなるを知る。こはただ吾人
日常経験上しか感ずるに止(とど)まらず既
に正確なる科学的実験の保証を得たるものと
す。(尚詳しくはScripture氏著『新心理学』
第四章参照)。
"When one recites a familiar poem or listens
to a familiar piece of music, it is the
same. That is to say, when one isolates
for observation a moment of consciousness
from the continuity of a particular conscious
state, one can see that the preceding psychological
state begins to attenuate, while the portion
to follow, by contrast, is gradually raised
in distinctness through anticipation. This
is not only something we can feel in our
daily experience, it has been precisely
verified by scientific experiment. (I refer
you to chapter 4 of Scripture's New Psychology
(1897) for a detailed explanation)."
           (translated by JAM)」
「意識の波は識末→焦点→識末へと移る──
これは科学的実験の保証を得たるものとすか。
なるほどね」
「文学論にも科学的実験のお墨付きが必要で
す」
「ええい、静まれ、静まれ。この紋所が、目に
入らぬか!"You! Control yourself! Take a good 
look at this insignia!"



意識の波形モデル
   2012/12/19 (水) 06:42 by Sakana No.20121219064208

12月19日

「次に意識の波形モデルについての説明とそ
の英訳をご紹介します」
「漱石という男はくどくどとねちっこい説明
をするね」
「それ位でないと、文豪にはなれないし、文
学博士を返上するような気概を持てません。
意識の波形モデルについては理会して頂けた
でしょうか」
「ああ、理会した。理解はしていないが」

「意識の時々刻々は一個の波形にしてこれを
図にあらはせば左(上)の如し。かくの如く
波形の頂点即ち焦点は意識の最も明確なる部
分にして、その部分は前後に所謂識末なる部
分を共有するものなり。而して吾人の意識的
経験と称するものは常にこの心的波形の連続
ならざるべからず。
 Morgan氏式をもてこの連続の様を示せば
  A B C D E F   etc
         a' b'  c'  d'  e   etc’
            a'  b'  c'  d'   etc

                焦点

         強      
                  弱            
  識末          の            識末
         尺
         度
──────────────────
                 識域

即ちAなる焦点的意識がBに移るときは、
A*はaなる辺縁的意識と変じて存在し、B
が更にCに転ずるときaとbとは共に意識の
波の周辺となるなり。かくして余が所謂Fと
称するところのもの意識中にありて如何なる
位置を占むるやは、やや読者の理会したると
ころなるべし」


"The moment-by-moment activity of consciousness
takes the shape of a waveform, and if represented
by a graph would look like the figure below (see fig. 1).
As you can see, the summit of the waveform, that is
to say, the focal point is the clearest portion of
consciousness, and before and after the point one
finds the so-called peripheries or threshold of
consciousness. What we call our conscious experience
typically takes the form of a continuous series of
these psychological waveforms.
 Following Morgan, we can represent this series as follows;

                Focal pt.
                    |
(Periferies of      |  Access      (Periferies of
consciousness)    |  of           consciousness)
           |  Intensity
           |
──────────────────
             Domain of Conciousness

 Figure 1. Waveform Model of Consciousness

"That is to say, when the focal point of consciousness A 
migrates to position B, A is attenuated to peripheral 
consciousness a', and when B transfers further to C, a and b
take an additional step toward the periphery of consciousness.
In this way I hope the reader gains some understanding of the
term designated F, how it resides in consciousness and the relative
positon it takes."        (translated by JAM)


Fの分類
   2012/12/22 (土) 06:28 by Sakana No.20121222062848

12月22日

「広義において意識の波の焦点F(印象また
は観念)は三通りに分類をすることができま
す」
「狭義においては?」
「それは、意識の波の焦点にある一瞬一刻の
Fです」
「次の瞬間には波がくずれて、そのFは識末
に消えてしまう」
「ところが、広義においては、長期間にわた
って持続するFがあります。そこで、二番目
に<個人的一世の一時期におけるF>、三番
目に、<社会進化の一時期におけるF>があ
るという分類になります」
「ややこしいな」
「原文と訳文をじっくり読んで理解してくだ
さい」

「上述の解剖的波形説より推論してこの法則
の応用範囲を拡大するときには凡そ意識の一
刻にFある如く、十刻、二十刻、さては一時
間の意識の流にも同じくFとし得べきものあ
るにはあらざるか。今吾人が趣味ある詩歌を
誦すること一時間なりと仮定せんに、その間
吾人の意識が絶えずaなる言葉よりbなる言
葉に移り、更にcに及ぶこと以上の理(こと
わり)により明(あきらか)なれども、かく
順次に消え順次に現はるる幾多小波形を一時
間の後において追想するときはその集合せる
小F個々のものをはなれて、この一時間内に
一種焦点的意識(前後各一時間の意識に対し)
現然として存在するにはあらざるか、半日に
もまた如此(かくのごとき)Fあり。一日に
もまた然り。更にこれを以て推(お)せば一
年十年に渡るFもあり得べく、特に終生一個
のFを中心とすることも少なからざるべし。
一個人を竪に通じてFある如く一世一代にも
同様一個のFあることまた自明の事実にして、
かかる広義においてFを分類すれば、
(一)一刻の意識におけるF、
(二)個人的一世の一時期におけるF、
(三)社会進化の一時期におけるF、
となり得べきなり。

"Reasoning further from the analytical waveform
thesis elaborated above, when we expand the 
domain to which these rules apply, cannot one
say that just as in each instant of consciousness
there resides a focal point F, so in ten, then 
twenty successive instants---indeed, in the flow
of consciousness for even an hour resides something
that lays claim to the same designation F? Let's
say we spend an hour reciting the Chines and Japanese
poetry popular these days. It is clear that during
that period our consciousness will be passing unceasingly
from word a to word b, and on to word c in accordance with
the above principles. However, when you recollect the
innumerable small waveforms that by turns appeared and
passed away during this time, is there not also for that
hour a distinct focal point of consciousness, aside from
the accumulated set of instantaneous F's (and in opposition
to the hours that precede and follow)? Similarly, for a half
day there should be a similar F, again for a full day, and,
following this conjecture, there should be a focal F that 
spans a year, then ten years, even a single life span. If we
take it as self-evident that, just as there is a focal ppint
running longitudinally through each individual, in the same
way there will be a distinct F for a generation and an age.
In this broad sense F can be categorized as follows;
 
 1. F in a single instant of consciousness
 2. F within a span of time for an individual
 3. F within a span of time of a society's evolution"
                            (translated by JAM)


一刻の意識におけるF
   2012/12/26 (水) 12:22 by Sakana No.20121226122204

12月25日

「(一)一刻の意識におけるF。
(一)については更に説明の要なし。
"1. F in a single instant of consciousness.
Case(1) should need no further explanation."
「もっと説明してほしい。なぜ意識の波の焦
点は一瞬一刻で変わってしまうのだろう」
「それは人間の脳の働きがそうなっているの
です」
「何のために?」
「生命の維持存続のためには意識の波の焦点
が刻一刻と変わるほうが有利なのでしょう」
「識末ではおそらく複数のF予備軍がおしく
らまんじゅうをしていると想像される。その
うちの一つのFだけが現れて、意識の焦点に
のぼっていくのだろうが、その選択のプロセ
スはどうなっているのだろう」
「よくわかりませんが、最近の心理学では、
現象的意識( Phenomenal consciousness)
という用語が使われているようです」
「漱石は使っていないだろう」
「漱石先生の時代にはこの用語は流通してい
なかったはずです。もし流通していれば、意
識の波の解説がもっとわかりやすい説明にな
ったと思うのですが」


個人的一世の一時期におけるF
   2012/12/28 (金) 09:22 by Sakana No.20121228092238

12月28日

「(二)個人的一世の一時期におけるF。
F within a span of time for an individual
にすすみます」
「漢詩を例にとって、漢詩の趣味が識末から
意識の焦点に登り、また識末に消えていくプ
ロセスを説明しているが、自分の経験を言っ
ているのかな」
「漱石先生は詩の直前まで漢詩をつくってお
られます。それ以前に、中断の時期もありま
すが」
「最近の日本人が漢詩もつくれなくなったの
は嘆かわしいかぎりだ」
「こんど民主党の代表に就任した海江田万里
が七言絶句をつくっていますよ。
「臘月扶桑戰鼓鳴 寒天寡助計無成 
  將軍功盡萬兵斃 粉骨碎身全此生」
 ろうげつ ふそう せんこなる 
 かんてん たすけすくなく けいなるなし 
 しょうぐん こうつき ばんぺいたふる
 ふんこつさいしん このせいをまつとうせん」
「そうか、最近の政治家も捨てたものではない
な」
「(二)例へば幼き頃のFは玩具人形等。少
年には格闘、冒険、進んで青年に至れば恋愛、
中年のFは金銭、権勢そのものなるべく、老
年に至りては衆生済度その他未来の世に関し
ての沈思等固(もと)より際限なし。かくの
如き時期的Fの推移につきても上述波形説は
これを同様に適用し得べきことを証せんがた
め、一例を挙ぐれば、人あり或る時間の間、
頻(しき)りに漢詩を愛読し後数年全くこれ
を放棄して更に手にすることなかりしが、偶
然再びこれを繙(ひもと)きたりと仮定せよ。
如此(かくのごとき)瞬間においては、よく
その意義を解し得るにも関せず、その印象詩
境共に漠然として明瞭を欠き従つて湧き出づ
る興味も頗(すこぶ)る淡し。然れども習読
を重ぬれば詩中の情景自(おのずか)ら脳裡
に整ひその感興遂に極度に達し、更にこれを
連続するときは漸次再び無趣味の域に傾くに
至るべし。これその漢詩に対する意識次第に
識末より焦点に登り更に再び識末に下るに基
くものといひ得べし。
"As for case (2), for example, F during
the time of childhood might be toys, dolls,
etc; for a youth wrestling and fighting,
adventures, etc; for a young man this might
turn to romantic love, while the primary F
for middle age would be the acquisition of
money, power, etc; for an old man thoughts
of salvation and redemption of humanity,
contemplation of the world to come, etc.---
in a never-ending process. To make the case
that the same waveform thesis applies to the
succession of F when we are dealing with
sustained periods of time rather than instants,
we might consider the following example.
Let's say there is a person who, during a
certain period of life, is extremely taken
with Chinese poetry and reads it frequently.
Then afterward, for a period of several years,
he puts poetry aside and does not touch it at all.
One day by chance he finds himself picking up
the volume again. In that moment, despite the
fact that he can decipher the meaning, the
impressions and poetry imagery seem vague and
unclear, and as a result the interest excited
by the the poetry is faint. However, as he regains
practice in reading, and the poetic imagery works
its way into his mind, his pleasure eventually
reaches its peak. As this process continues, the
pleasure recedes bit by bit, gradually slipping
into the domain of indifference. Here we can say
consciousness with regard to Chinese poetry ascends
from the periphery of consciousness to the focal point 
and then descends again to the peripheries."
                       (translated by JAM)



ページ移動 ⇒ [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 終了] <照会>
 
「夏目漱石の『文学論』を読みとく」 長谷部さかな 著
 Copyright © 2014 Sakana Hasebe